ホーム » 写真は自分でカラーレーザープリンターを使って印刷しよう

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    写真は自分でカラーレーザープリンターを使って印刷しよう

    カラーレーザープリンターは、レーザーから感知できる光を印刷技術に組み込んだ印刷機の事です。カラー印刷にも対応しており、オフィスや家庭用として高速印刷が可能なプリンターとして有名です。動作原理は、コンピュータから受信した印刷仕上がりのイメージデータをメモリ上に展開し、帯電させた感光体に光源を照射、その部位の出夏を変化させます。感光体の照射された部分にトナーが付着、定着ローラーの熱と圧力によって用紙にトナーが定着、印刷されます。一度に一枚を印刷します。紙のサイズで印刷速度が変わる事はほぼありません。カラー印刷に関してはほとんどの機種で三原色と黒の四色のトナーを用います。カラー印刷はランニングコストが高いですが、不要な場合はモノクロ印刷にする事でコストを抑える事ができます。プリンター自体は家庭用の安いもので1万円程度から、業務用の高価なもので100万円以上するものまであります。

    インクジェットプリンターとレーザープリンターの違いについて

    プリンターを選択する時に、インクジェットプリンターとカラーレーザープリンターで迷う事があります。レーザープリンターの原理は、前述した通りです。では、インクジェットプリンターはどうでしょうか。インクジェットプリンターはインクを直接用紙に噴きつけて印刷します。色の再現率は非常に高いですが、その反面印刷に時間がかかります。コスト面を見ていくと、本体価格が安い事や、消費電力が少なくてすむ事が挙げられます。インクジェットプリンターは印刷枚数が少なく、色合いの再現性を重視する場合に適しています。逆にレーザープリンターは印刷速度が速いのが特徴です。コスト面を見ても、大量に印刷する場合は同様の装置であるプリンターと比較しても割安になってきます。つまり、レーザープリンターは印刷数が大量であり、速度も重要視される場合に適している事になるため、家庭ではインクジェットプリンターの方が適していると言えます。

    カラーレーザープリンターを使うメリットについて

    カラーレーザープリンターを家庭で使用するメリットは、もちろんあります。インクジェットプリンターで印刷をして、滲んだ事はありませんか。レーザープリンターを使用すれば、滲む事はありません。しかも、印刷速度が非常に速いため、数多くの写真を印刷する時などはインクジェットプリンターでは時間がかかりますが、レーザープリンターであれば素早く完了します。また、印刷方法の違いから、レーザープリンターの印刷物は長期的な保存にも適しています。インクジェットプリンターの方が色の再現率がいいとはいえ、カラーレーザープリンターも進化をしています。本体は大きくなってしまいますが、その分メリットもあります。このメリットを最大限に利用できるのは、大量の印刷を行なう場合という事になります。レポートの作成や年賀状などにも適しています。写真も、長期保存を考えるとレーザープリンターの方が良いかもしれません。